作品紹介に戻る

システム  ストーリー  修正パッチ

『Windows Vista』における
不具合についてのお知らせ

システム

題名 『キスより甘くて深いもの 第二章』
ゲーム形式 オリジナル・ノベル
初配布 2005年 コミック・マーケット69
価格 イベント価格 500円
制作スタッフ 企画・脚本・演出/黒田如風
原画・CG/木神
プログラム/ファンゴルン 
音楽/werewolf
CG枚数 イベントCG 9枚(差分含む)
音楽 BGM 8曲  効果音 89個
動作環境

Windows95/98/Me/2000/XP
DirectX8.0a以上
CPU 300MHz以上
メモリー128MB以上 
必要HDD容量 約220MB

ストーリー

「あのね、わたしねっ!」
 紫眞の手が、わたしの両腕を強く握った。
「お姉ぇちゃんみたいに、お父さんと、エッチなことがしたいのっ!!」
 ………………………………。
 ………………………………。
 ………………………………。
「はいっ?!」
 声が思わず裏返る。
「え……と。ごめん、良く聞こえなかった」
 耳に入った妹の言葉が信じられなくて。
「紫眞。悪いけど、ゆっくりもう一度話してくれる?」
 身を乗り出し質問した。
 いつの間にかシーツを握り締めていた。
「お父さんと……」
「お父さんと?」
「お姉ぇちゃんみたいに……」
「わたしみたいに?」
「エッチなことが………したい」
 ………………………………。
 ………………………………。
 ………………………………。
 ………………………………。
 ………………………………。

「だめ、ダメ、それは絶対に駄目ぇ〜っ!」
 わたしは咄嗟に叫んだ。
「紫眞はまだ早いから、ダメェッ!」
 全身から汗が噴き出す。
「どうしてダメなのぉ?」
 不満げな声。
「だって、紫眞はまだ子供でしょっ?!」
「お姉ぇちゃんと、二歳しか違わないよぉ」
「紫眞はまだ、アレが来てないじゃない」
「…………」
 口を尖らせながら妹は下を向いた。
「あのね、紫眞。エッチはね、ちゃんと生理が来てからじゃないと、ダメなのよ」
 そもそもエッチとは子供を作る行為。
 初潮はその準備が出来たという合図。
 つまり、生理が来る前にエッチをしてしまうのは、とっても体に悪い………と、わたしは思っている。
「紫眞は今、成長期でしょ。胸だってないし、お尻だって小さいし、体がまだ子供なんだから」
「でも、でも、わたしだけ仲間外れはイヤッ!」
 ヒステリックな声。
 睨みつけるような眼差し。
 ………まずい。
 わたしは唾を飲み込んだ。
「お父さんと、お姉ぇちゃんだけで楽しいことして………」
 妹の握った拳が震えてる。
 目から涙が零れてる。
「わたしだって、わたしだってぇ──────っ!!」
 叫び声。
 顔を真っ赤にしながら。
 わたしは溜息をつきながら、心の中で舌打ちした。
 普段とても大人しい妹。
 誰の言うことにも素直に従う妹。
 でも、それはあくまで外向きの顔。
 本当は我が儘で、酷く意固地で。
 そして一度爆発すると、自分の要求が通るまで駄々をこねまくる。
 何時間も、何日も、時には何ヶ月も。
 どうしてこんな性格になったのやら…………。

『キスより甘くて深いもの 第二章』より抜粋

修正パッチ

『キスより甘くて深いもの 第二章 Ver1.0→2.0』(約3.8MB)
○主な変更点は下記になります。
・ イベントCG修正
・ キャラクター立ち絵追加
・ シナリオの加筆修正
・ トップ絵の修正
・ 背景の追加&修正

 ファイルはZIPにて圧縮してあります。
下記のソフトなどで解凍してください。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se094501.html

作品紹介に戻る

メニューに戻る